理不尽な状況なまま仕事をしないために

業務委託契約をして働く場合、一般的な雇用契約とは違って仕事をする度に契約をする事になります。
また、仕事内容によって報酬も異なってきます。
一般的な雇用契約だと、ずっと同じ契約の内容で同じ会社でずっと働き続ける事となります。
その場合のメリットは、新しい仕事を見つける必要がない事ですが、いくら頑張ったとしても大幅な上昇は期待出来ません。

一方、業務委託の場合は、自分の努力次第で新たに魅力のある仕事と出会う事もあります。
ただしこの働き方は、トラブルが多いのでしっかりと契約内容を確認しておくことが必要です。
業務委託契約は、法律上では直接規制されていないため、自由に決める事が出来るようになっています。
そのため法律的な理解がないと、違法な状態で働かされている可能性もあるため、十分に注意が必要になってきます。

また、その法律的な理解がない事をいい事に、わざと陥れられてしまう事もあります。
契約を結んだ後に、不公平であった場合や、違法であった場合、脅迫や強要など意に反して契約を結んでしまった際には、契約そのものを無効にする事が出来るように民法で定められています。
この事を多くの方は、知らないまま長い間理不屈な状況に置かれています。
こういった状況に陥ってしまわないためにも、トラブルになりやすいケースを理解しておく事が重要なポイントになります。
その事を知っておけば、自分の置かれている状況に似ている場面に遭遇した時に対処する事が出来るのです。