働く時に注意したい業務委託の違法行為

業務委託として働くことを決意したと機に、自分の権利についてしっかりと知っておきましょう。
仕事があまり見つからない場合は、どうしても仕事を得るために、自分にとって不利な条件を飲んでしまう人もよくいます。
一番多いのは、業務委託にもかかわらず契約先の職場に対して場所的や時間的な拘束を受けてしまうことです。
業務委託の人間は基本的には、納品する仕事の成果物を持ってして契約の履行とみなすものです。
そういった立場だからこそ、色々な仕事を受けて不安定な身分ながらも自由さがあり、また大きく稼げる可能性も出てくるのです。

しかし毎日同じ会社に出勤し、1日8時間などの労働を契約に盛り込まれていては、派遣社員などとほぼ同様の環境や待遇になってしまいます。
これは違法行為であるので、しっかり自分の権利を主張し、不要な拘束を避けるようにしましょう。
もちろん打ち合わせなどで会社に赴く必要は業務上ありますが、決まった時間の拘束は会社側はできないのです。
会社側がこれを意図的に行っている時と、知らずにやっている会社もありますが、契約内容についてはできるだけ最初に細かく確認をしておきましょう。
業務を委託して働く人間は、もちろん成果物を納期に合わせて納品しなくてはお金はもらえませんが、そのために一定の場所で勤務を強いられる必要はありません。
きちんと労働関連の法律についての知識を身に付けておき、自衛ができるようにしておきましょう。