フリーランスの活躍場面が増えている一方では

業務委託とは、フリーランスが活動するためには欠かせない仕事の受注のやり方です。
普通会社勤めをしている人間なら、上から言われた仕事を中心にこなしていけば良いものです。
しかしフリーランスの場合、自分でクライアントを探し、業務委託契約を交わして、仕事を獲得していきます。
つまりそれだけ仕事を得るためのハードルが高いとも言えます。

しかし昨今、フリーランスの活躍場面は多方面に広がっています。
ネット社会が当たり前になった世の中になり、クラウドソーシングサービスなどを利用すれば、クライアントを探すこともより容易になってきているのです。
クライアントの側もフリーランスに仕事を発注する機会が増え、さまざまな業界でフリーランスが活用されています。
クリエイターやWEBデザイナーなどといった職種や、エンジニアやプログラマーといったIT系の仕事などは、むしろ会社勤めをしているよりもフリーランスの方が仕事を得やすい状況になっているとも言えるでしょう。

ただ、こうして活躍場面が広がって来たからこそ気を付けたいのが違法な業務委託です。
納期をちょっと守らなかっただけで損害賠償を請求されたり、度重なる業務変更を強要してきたりなど、フリーランスの活躍場面が広がって来たからこそ、そうした悪徳業者に騙されてしまう危険性も高まっています。
フリーランスとして活動をするなら、契約書をしっかりと交わし、悪徳業者に騙されないように十分にリスクマネジメントを図っておくと安心でしょう。